サロンとクリニック、それぞれの脱毛の相違点と共通点

クリニック相違点

同じ脱毛をするのであれば、プロの手できれいにやってもらう方が、やはりいいのではないでしょうか。特にVIOゾーンなど、自分ではやりにくい部位の脱毛も、ひとにやってもらうときれいに処理してもらうことができます。

しかし脱毛のプロといっても、サロンもあればクリニッもあります。いずれの場合もそれぞれのメリットとデメリットがありますので、それをよく把握してから決めるといいでしょう。

まずメリットから見て行きましょう。サロンはフラッシュ脱毛で美肌効果が高いのが特徴です。しかも料金がお手頃であることも多く、気軽に行くことができます。

その一方でクリニックは、レーザーを使うので脱毛効果が高くなっています。永久脱毛も夢ではありません。特にわきの下やVIOなど、色が濃くて太い体毛を処理したい場合には、レーザーの方がより効果があります。

それからデメリットですが、フラッシュ脱毛は肌に優しい分、クリニックのレーザーほどの効果はありません。ですから脱毛してもらっても、また生えてくることもあります。クリニックの方は、レーザーなので肌にダメージが出やすい点があげられます。

サロンでも痛みを感じる人がいるようですが、レーザーは特に施術中から痛みを感じることがあります。あまり痛む場合は、スタッフに出力を止めてもらいましょう。ダメージが出た場合は、そのクリニックで薬を処方してもらい、今後の施術について相談するのがいいでしょう。

またクリニックでの施術は健康保険の適用外になるので、料金が高めになります。
たとえば脱毛の中でも人気の高いわき脱毛を、クリニックでしてもらうと3万円ほどになります。もちろんクリニックによって設定が異なるので、もう少し高くなるケースもあります。

こうなると、どちらを選ぶかで迷ってしまうかもしれませんが、もし肌に優しい方法がいいとか、あまり高い料金でない方がいいという人はサロンを選ぶようにしましょう。その反対に、料金が高くてもきちんと脱毛したい人は、クリニックの方がお勧めです。

それから脱毛効果に関しては、個人差があります。サロンでやってもらっても2度と生えてこない人もいますし、クリニックで施術を受けてもまた生えて来る人もいます。最初はサロンに行ってみて、効果があまり感じられなかったら、またクリニックに行き直すという方法もあります。またサロンもクリニックもキャンペーンをやっていることがあります。

料金が割安になるので、こういう機会を利用してどのようなものか確かめてみるといいでしょう。それからサロンとクリニック、両方に共通することですが、脱毛に通うのは毎月ではありません。

体毛には毛周期というサイクルがありますので、それに合わせて施術を受けることになります。つまり2か月から3か月に1度通うことになり、そのため施術の期間は最低でも1年はかかります。

それから逆算して、いつから通い始めるようにするかを考えましょう。来年の夏までにすべすべのわき下にしておくには、今年の夏にはもう通い始めておく方がいいのです。

また脱毛期間中は、日焼けをすることができません。皮膚の色が濃くなると、レーザーなどはそれに反応しやすくなり、やけどをしてしまうことがあるからです。特に紫外線が強い季節に施術を受ける場合は、日焼け止めや傘などで紫外線を遮るようにします。

そしてこれは意外に見落としがちなのですが、脱毛当日は体がほてるようなことは厳禁です。施術に影響が出てしまうためです。ですから当日のジョギングや運動、温泉や岩盤浴などは控えるようにしましょう。お酒を飲むのもよくありません。

サロンとクリニック、どちらで脱毛をするにしてもこれらのことはきちんと守ってください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ